私と息子の「勉強」考。

こんにちは。kauhola☆peco國枝です。

今日は…やらかしました。
いつかやるような気がしていたけど。

息子の宿題のやり方に、口出しました。
そしたら、泣かれました。

「できる子」に潜む押しつけ感情

小学校1年生、最近足し算が始まって、来月テストなんだそうです。

で、少し前から、計算の宿題が出ているのですが…。
まあ、もどかしいこと。
ここで、こう考えてしまいました。

「私の同じころは、もうちょっと要領よかったはず」

その気持ちが、口出しにつながり、結果息子は泣きました。
(どうして泣いたのかはわかりません。さすがにまだそこまで言語化できない)

ああぁ、やっちゃった。
勉強の仕方だって、私と息子じゃ違うのにね。

このままじゃ、宿題が恐怖になっちゃう。
急いでセルフカウンセリングしました。

さあ、こいつの出番だ!

「できる子」だけど「いつまでもダメな子」

ワークシートを書き進めていったら、出てきた感情は、

不安、心配

でした。

周りの子はもっとできるんじゃないか、取り残されやしないか。
それと、冒頭にも書いた、
「もっと要領よくできんのかや?」

書きながら真っ先に思い出した過去(ワークシート⑤)は。

勉強はできるのに、「横着」とか「要領悪い」とか、いつまでたっても手放しで褒めてもらえない記憶でした。

そして私のインナーチャイルドは、

「いつになったら褒めてくれるの?
わたし100点いっぱい取ってるよ?
まだダメなの?」

と叫んでいました。

私自身が、ダメなところばかり探されて、評価されてなかった。
だから、息子のできたことに目を向けられなかった。
何だかんだ、躓いても、べそかきながら、最後まで諦めずに計算シートやってるのに。
めちゃくちゃ頑張ってるやん、うちの子。
その我慢強さと真面目さは私にはない(笑)

ダメ出しじゃなく、寄り添って欲しかった

だから笑みママには、こう言ってもらいました(ワークシート⑨)。

できたことはきちんと評価するね。
もっと頑張りたかったら、一緒に方法を考えていこうね。
貴方がどうしたいか、その気持ちを大事にするね。

ダメ出すでもなく、押しつけでもなく、「一緒に考えて欲しかった」
私、そんなこと思っていたのか…あかん、書いててしんどくなってきました^^;

今だから白状しますが、息子の自転車の練習は、パパに丸投げしていました。
私だと絶対怒っちゃうからって。
そこには、今回の感情が絡んでいたんですね。
まだ気づいていないあのとき、逃げていて正解でした。
でも、これからは、大丈夫じゃないかな。
いざとなったら、ベストな状況のために第3者の手を借りることも厭いません。


これからは、この画がやれそうです。

…っと、こんな風にカウンセリングしています。

もうすぐ夏休み、宿題も工作もてんこ盛り。
笑顔で切り抜けるヒント、一緒に探しに行きませんか。
ココロの中を冒険して、ご機嫌でいられるヒントを見つけましょう。

ご予約空き状況
【12/2更新】ご予約・イベント情報 12/6金〇(自宅10:30~)〇12/10火〇✖12/11水〇✖...


The following two tabs change content below.
國枝 弓

國枝 弓

オーナーkauholapeco
愛知県豊田市在住。夫と息子(7歳)の3人家族。 子育て中に出会って衝撃を受けたものが、そのまま仕事になってます。 好きなもの:フラ、吉本新喜劇、平沢進 得意なお菓子:シフォンケーキ
國枝 弓

最新記事 by 國枝 弓 (全て見る)