児童虐待防止法改正案について。

こんにちは。kauhola☆peco國枝です。

取り急ぎ、このネタです。
私も、この日のスッキリ!を見ていて、「ちっっともスッキリせんわー!!」ってなっていた一人です。

なかなか文章がまとまらないなぁと思っていたら、笑み育カウンセリングの創始者、我らがオカン井上ききさんが、さっそく記事にしてくれていました。

一部引用します。

みんな虐待したくてしてるわけじゃないし、怒鳴りたくて怒鳴っているわけじゃない。

怒ってる人は、みんな怖くて怒ってるのですよ。不安で不安で仕方なくて怒ってる。そして、悲しくて怒ってる。

(引用終わり)

そうなんです。
私にも、息子が赤子の頃、本当にヤバい時期がありました。
でも、本当はそんなことしたくないんです。
でも、どうすればいいのか、全くわからなかったのです。
周囲や自分の親からの(ひいては自分自身でかける)プレッシャーがきつくて、でもどこに助けを求めればいいかわからなくて、そもそも私なんぞが助けを求めてもいいのかって思っちゃって、周りの親子がみんなキラキラして見えて、そのたび自分を打ちのめして、その手が息子に及びそうに…。

根底にあったのは、上の引用にある、「不安」と「恐怖」でした。
しかし当時は、それに気づきもしませんでした。

私の場合は、そのくらいの頃から息子が寝返りをし始め、「じゃあ支援センターで遊ばせてみようかな」から、窮地を脱することができましたが、そう思い至れないほど疲弊しているママもいるはずです。

そこにこの法案…追い打ちになりやしませんか。

意図はわかります。
虐待はない方がいいに決まってる。
早期に芽を摘みたい気持ちもわかる。

しかし今大切なのは、

やみくもに禁止を掲げることよりも、

そこまで追い込まれるママに寄り添うことではないでしょうか。
ひとりじゃないよ、って。

様々な形でサポートできると思います。
妊娠したら、産後の身体や心の変化を知る機会を作るとか。
産後にただただ話を聞くとか(アドバイスとか一切しない)
私の硬い頭だとこの程度ですが、もっといろいろやれると思う。

子育ては、この国の未来を作る仕事。
だから、世のお母さん、どうか胸を張って。

この国で生んで育ててよかったって思える環境、作れたらいいな。

私も、できることを全力でやろう。


The following two tabs change content below.
國枝 弓

國枝 弓

オーナーkauholapeco
愛知県豊田市在住。夫と息子(6歳)の3人家族。 子育て中に出会って衝撃を受けたものが、そのまま仕事になってます。ハワイとフラと吉本新喜劇が大好き。豊田市の市民活動団体「ちびにょき!」の代表もやってます。