育児書を閉じて、我が身を見よう

こんにちは、kauhola☆peco國枝です。

この記事、台風通過中に書き始めました。
外が荒れ狂っております。
大事なく過ぎてってくれ…。

さて。

先日、にわっち塾同期のさっちゃんが、こんなブログを書いてました。

育児本ではママは救われない

育児書もたくさんあるし、ネット上にも子育てのノウハウはたくさん溢れてる。

私も、正直、振り回されました…。
ちょうど今朝も、6年前に「子供はベビーカーに乗るものだ」と思い込んでいた投稿が上がってきましたよ^^;

でも、あるとき、ふっと気づきました。

育児書なんてひとつのケースでしかない。
誰も彼もがこの本に当てはまるほうがおかしいやん。

だから、育児書もたくさんあるんだし、ネット上にも情報が溢れかえってるんだ。

うちの子がベビーカーに載せると必ず泣くのも、おかしいことじゃないんだーーー!!(笑)

今読むと「そんなことで悩んでたの?」と思いますが、当時はかなり思い詰めてました(笑)

我が子を丸ごと受け止める、そのためには。

要は、目の前にいる子供が全部教えてくれるってことなんですけどもね。

でも、不安ですよね。
本当にそれでいいのか、読んだ育児書には何も書いてなかったし…って。

それ、
「本のとおりにできないと、『ダメな母親』って思われる」って思ってたりしませんか?

誰に?
お母さんに。

自分が母親になっても、「こんなんじゃお母さんに怒られる」って、怯えてるんです。不安なんです。
そこを癒すと、自分の中に芯がひとつ通って、不安なく我が子と向き合えるようになりますよ。

大丈夫、既にすごく頑張ってる。
だから、誰向けかもわからない情報に振り回されなくていい。
「これわかるー」ってところだけ拾っとけばいいのです。
と、6年前の私に言ってやりたい(笑)

しかし『癒す』ってどうすればいいのさ、とお感じのアナタ。
10月31日、体験できます。
息苦しさを捨てて、おめでたく生きていきましょう。

【残2】10月31日 笑み育ワークシート体験会
こんにちは。kauhola☆peco國枝です。 ついに。 ついにやるよ。 三河初だよ。 アナタのココロの霧を晴らします。...

お申込みはLINE@からどうぞ。
友だち追加


The following two tabs change content below.
國枝 弓

國枝 弓

オーナーkauholapeco
愛知県豊田市在住。夫と息子(5歳)の3人家族。 子育て中に出会って衝撃を受けたものが、そのまま仕事になってます。ハワイとフラと吉本新喜劇が大好き。豊田市の市民活動団体「ちびにょき!」の代表もやってます。
國枝 弓

最新記事 by 國枝 弓 (全て見る)