kauhola☆peco、ちゃんと、調子に乗ります

こんにちは。あなたの安全、ここにあります。kauhola☆pecoのぺこりんです。

只今エミークコーチングのモニター絶賛受付中。予約は11月で締め切ります。お申込みはお早めにー。

ご予約空き状況
【2022/10/26更新】 こちらの画面から直接ご予約いただけます。1日最大2組の受付です。 笑み育カウンセリングは...

さて。そのコーチング。続々とモニターさせて頂いております。ありがとうございます。
で、本当に「翼生えたかな?」と思うほど生き生きとされて、見事にお仕事に反映してらして、それを見てこんな投稿をしたのですけれど。

実はこの裏で、私の心には、なぜか、どよどよと、暗雲が立ち込めていたのです。
もうね、めちゃくちゃ不安になってしまって。
大丈夫かな、私変なこと言ってないかな、あとで怒られたりしないかな…って。
ちょうど、グループコーチングを申し込んでいたので、そこで向き合うことにしてみました。

私はアクセルとブレーキを同時に全力で踏んでいた!!!

結論は、コレです。

調子に乗りたい私と、
「そんな浮ついてたら足元すくわれるよ!!」と怒る私が拮抗していました。

真っ先に思い出したのは、高校受験のときの出来事だったのですが、思えばそれ以前から、いい成績とか写生大会の入選とかやるたびに、褒められるより、諭されることが多かった気がしています。

褒められるのもそこそこに牽制されまくった私は、息をするように、自分で自分を牽制するようになってました。
なので今回も、お客様が羽ばたくさまを嬉しく思いつつも、「調子に乗るな」と耳元で囁く幻に惑わされ、心配になってしまった…というわけです。

その当時の親としては、「油断しないでしっかりと地に足つけて生きる子になってほしい」とかだと思うんですけど。
でも、小さな私が欲しかったのは、おかあさんの笑顔でした。
先に出た「あとで怒られたりしないかな」って、モロに母の目を気にしてたのです。

…いや、怖いわ。怖いし悲しいわ。

そして魂の願いに気づく

すごいことなら褒めてほしかったし、それで…というか、私のやることで、みんなで笑顔になりたかった、のです。

そんな私が生んだアファメーションは

「私は堂々とおめでたく在ります」。

実は養成講座の終盤から、この気持ちはずっと持っていたのです。しかしどうしても頑張り癖が抜けず、まとめきれていなかったのですが…もしかして、この日を待っていたのでしょうか(おい)。

まあ真偽はさておき、ここにたどり着いたとき、文字通り、震えてました。
魂が震えて喜んでいるのに気がついてしまいました。

もう決まっちゃった。
ヒール・アンド・トゥはおしまい。
ブレーキもアクセルも、踏みたいときに踏むから。


あなただけの「おめでたさ」、見つけるお手伝いができたらな、と思います。


The following two tabs change content below.
Avatar photo

國枝 弓

オーナーkauholapeco
愛知県豊田市在住。夫と息子(2012年生まれ)の3人家族。 子育てや人間関係のモヤモヤを晴らし、真になりたい自分への道を伴走するカウンセラー。あとアクセスバーズもできます。 料理とコスメは話し出すと長い。でもってオタク。推しは尊いんじゃ。