初めての講演で得たものは

こんにちは。kauhola☆peco國枝です。

先日、笑み育カウンセラーになって初めて、1時間ほど講演をする機会を頂きました。ありがとうございます。

このお話が来てから話を終えるまで、気づきがたくさんありました。
本当にありがたかった。

しかし、今までに経験したことのない気持ちがたくさんあったので、この記事は、心の整理のために書いています。

準備期間の気持ち

対象は、未就園児のママ。
かつて私も通った道、そしてめちゃくちゃセルフカウンセリングのネタになった時期。
もう話したいことがありすぎて、絞り込むのに苦労しました。

ただそのとき、

「こんなこと話したらダメかな」

という気持ちはほとんど感じませんでした。
それはきっと、私自身が、カウンセリングを通じて、癒えるところまで経験したからでしょう。
経験、強いね(笑)

そしてニヤニヤしながら原稿(?)を作り、当日を迎えます。

直前に訪れた気づき

自信を持ってまとめたネタではありますが、それでも、いざ現場に立ったら、「何も残せなかったらどうしよう」という不安がよぎりました。

が、このとき、ふっと、こんなことが頭に浮かび、ほぼ同時に腹落ちしました。

私にできるのは、全力で伝えることだけ。
そこから何を受け取るかは相手次第。

そして、2割の人にはどうやったって受け入れてもらえないんだから。

…そうよね、他人は変えられない。
2割の根拠については、「2:6:2の法則」。

この瞬間から、とても楽に話し出せました。
もう終盤はノリノリ(笑)

その結果…何とありがたいことに、すぐ配ったワークシートを使ってくれた方もみえました。泣いていいか。
質問もたくさん頂けて、本当に嬉しかった。

今までも、人前で話す機会はたくさんありました。
しかし、ここまで自分の思いを乗せたのは、ここまで熱くなれたのは…すいません、初めてかも知れない。
…伝えたいと思ったことが届くって、こんなに嬉しいんだ。

終わってからは、何とも言えず…そう、幸せな気持ちでした。
人前でしゃべって、こんな気持ち初めて(今までは疲労しかなかったよ)

というわけで、新メニュー始めます

この講演と同じ形、ちょっとやってみようと思います。
グループカウンセリングは他人に聞かれるのが気が引ける、というお声も頂いていたし。

お茶会スタイルで、笑み育のエッセンスをお届けできる機会を作ります。
興味はあるけど、いきなりカウンセリングはちょっと^^;な方、寄ってってー❤
気になる方は、是非LINE@から「お茶会やってー!」とハッパかけて下さい(笑)
この↓ボタンからポチリとどうぞー。

友だち追加


The following two tabs change content below.
國枝 弓

國枝 弓

オーナーkauholapeco
愛知県豊田市在住。夫と息子(5歳)の3人家族。 子育て中に出会って衝撃を受けたものが、そのまま仕事になってます。ハワイとフラと吉本新喜劇が大好き。豊田市の市民活動団体「ちびにょき!」の代表もやってます。