相性バツグン、笑み育✖フォトセッション

こんにちは。kauhola☆peco國枝です。
3週間咳が止まらないと旦那さんに話したら、
「病院行ったんだよね?」と言われ、体調がすぐれないときは病院に行く、という概念をさっぱり無くしていたことに気づきました(今朝行った)。
いろいろポンコツです。

さて、先日、笑み育カウンセラー仲間の企画で、とある撮影会に行ってきました。
その体感がね、ただごとじゃなかったのですよ…。

撮影という名のセラピーだった

「写真を撮られることは自分を見つめることだ」…みたいなこと聞きませんか?
確かに私もそう思います。レンズ嘘つかない。
先日の撮影は、それをもっと昇華させたようなものでした。
参加した動機は単純、「そろそろ髪が伸びたし、切る予定もないからプロフ写真でも撮って頂けたらいいなあ」程度。
しかし、そんなちっさい動機をぶっ飛ばす体感でした。

カメラマンは、東優子さん。
ずっと生きづらさを抱えていて、「まなゆい」に出会い、自分の道を歩み始めた方。
今回は、先にワークをいくつか行ってココロをほぐしてから、撮影していくものでした。

このワークがな。
多くは語れないが、すごかった…。
優子さんのワークは…ありのままの姿になって怯え震える私達を、やさしくふわふわの毛布でくるんでくれる感覚
何を言っても、何を思っても、大丈夫。
そんな絶対的な安心感と、何もかもさらけ出せたという自信を握って、撮影に進むことができたのです。

だから、撮り始めてすぐでもこの表情。

撮影中の連携プレーもすごかった

この企画を持ってきたのは、カウンセラー養成講座同期の大野純子さん。(私は彼女に一生足を向けて寝られないほど助けられている)
彼女は今回タイムキーパーとして各自の撮影についてくれたのですが…。
ただのタイムキーパーで終わらなかった。
「憑依型女優」の気質がある彼女、優子さんとの相性がバツグン。二人からの温かい言葉や空気感で、ゆるっゆるで撮られることができました。

走りました跳びました

普段なら、「こんな顔すると決まらないからやめとこ」とか思うんですけどね。
でも、そういう顔で写るってことは、普段からその顔してるってことですよね。
そこを受け入れられたのが大きかった。
どんな美人さんだって、半目の瞬間はあるし、そのときはあちゃーな顔のはずだ…!!(そゆことー!?)

写真嫌いこそ試してほしい

少しだけ、先に編集したものを見せて頂きました。

…みんなかわいい。すてき。
…私もかわいい。かわいいじゃん…。
すごい大口開けてるけど、いいじゃん…。

↑こう思えるんですよ、本当に。
びっくりした。
タイムキーパーが撮っていた写真も見たけど、「うわこれ嫌」がない。
「全部すごい好き」までは至れてないけど、それでもえらい進展です。

参加者の中には、「写真に撮られるのが嫌いだ」という人もいたのですが、そんな彼女がとんでもなく美しく撮れてたっていうね…。
そんな思いを抱える人ほど、優子さんに会ってみてほしい。
優子さんの向けるレンズに、冷たさは全く無いから

ここ数日、目まぐるしい変容に見舞われている私ですが、さらに進んでしまいました。
次回あたり、エライこと言いますよ。


The following two tabs change content below.
國枝 弓

國枝 弓

オーナーkauholapeco
愛知県豊田市在住。夫と息子(7歳)の3人家族。 子育て中に出会って衝撃を受けたものが、そのまま仕事になってます。 好きなもの:フラ、吉本新喜劇、平沢進 得意なお菓子:シフォンケーキ
國枝 弓

最新記事 by 國枝 弓 (全て見る)