他己紹介:フラワーコーディネーター 早川綾香さん

こんにちは。kauhola☆peco國枝です。

今日のは、先日受講してきたにわっち塾の宿題です。
興味のある方はこの先どうぞ。

エレ女…じゃ、なかった?

”お茶とお花のある丁寧な暮らし”を提案する姉妹ユニット toitoitoi。
綾香ちゃんは、お花担当のお姉さんです。
(実は実弟と高校の同級生である。どうでもいい(笑))

彼女としっかり出会ったのは、にわっち塾知立1期。
それまでは、”お噂はかねがね”レベルで。
そして、この人とは合わないだろうなぁと勝手に思っていた。

いや、それくらい、写真などから醸し出される雰囲気は、正道のエレガント。
美人さんだしね。隣に座るとずっと目を見ちゃう。

↑現在のFBのプロフィール。ほらー美人じゃん。

ところがだ。
あれは忘れもしない、2年前の暮れに、しめ縄のWSに参加した時のこと。
…彼女が取り出した、アーティフィシャルフラワーを留めるためのワイヤーが、びっくりするほどモジャモジャだったのだ。
そしてそれを、参加していたお友達がほどくという…。
(後で知ったが、まあまあよくあることだそうだ)

…何この人超かわいい。

ギャップ萌えです、やられました。

センス × 経験

最近の彼女の仕事を見ていて思うのが、振り幅の広さ。
そういえば、作ってもらったリースも、色目のせいもあるけどカジュアル寄りかなぁ。
私のために作ってくれたリースなので、大正解なんですけどね。

でも、何となくだけど、「あぁこれ、綾香ちゃんが作ったやつ」ってわかる。

聞けば、何だかんだと30年、花とともに暮らしているという。
30年前…って、9歳から!?
華道もたしなみ、花屋勤務もし。
時には、自分のセンスを殺して、お客様の要望を形にしていくこともあっただろう。
その経験が、振り幅の広さと、彼女らしさという、相反するものを成立させているのだろう。

何やらせても”らしさ”が出るって、すごいことじゃん。

キッズレッスンにかける想い

ちょうど、綴られている投稿がありました。

子供のころから、日本の季節感あふれる暮らしに目を向けてほしい。
そこに、子供の自由な感性を乗せて。
キッズレッスンのときは、説明はするけれど、聞いていなくてもドンマイだそう。
「逆にそれですごいのできちゃうんだってー」と、ほんとうに嬉しそうに語る。

きっとご自身が、幼い頃から、自分の感性でお花に触れてきたからなんだろうな。
そして、日本の季節感を大切にする暮らしをする家族があって…彼女自身が、その暮らしを愛してやまないのだろうね。

…くそう、私も近かったら息子連れてってるよ。

というわけで、品のよさもキュートさも持ってて、その奥底には熱い想いが滾る、そして今も進化を止めない、あやかちゃんです。

是非、この機会に、彼女の作品を見てみてくださいね。
これからはクリスマスレッスンですよ!


The following two tabs change content below.
國枝 弓

國枝 弓

オーナーkauholapeco
愛知県豊田市在住。夫と息子(5歳)の3人家族。 子育て中に出会って衝撃を受けたものが、そのまま仕事になってます。ハワイとフラと吉本新喜劇が大好き。豊田市の市民活動団体「ちびにょき!」の代表もやってます。