呪いを解こう:苦労すればいいってもんじゃない

こんにちは。kauhola☆pecoくにえだです。

雨と風の強い日々ですね。
カーポートは頑丈になったので安泰です。息子のアサガオの鉢も匿えてひと安心。

🌟

さて。
6月から笑み育カウンセラー養成講座1期が始まり、1期の方ともSNSで繋がって、投稿を眺めています(1期さん、みーてーまーすーよ〜)。

その中に、久々にしんどいトラウマを掘り起こす記事が!
こちら→「とろいね〜」親の言葉に傷ついていたけれど。

ああもう何だよ私のことかよ、と思いながら読んでいました。

🌟

そしてこの日の夜、突如思い出したのです。
私にかけられた呪いの言葉、それは…。

「あんたは本当に横着なんだから」

そう、そうでした。
トロいと言われる一方でこうも言われる私って何なんだろう。
でもめちゃくちゃ記憶に残っています。

これで握った思い込みは…。

「一生懸命苦労して生きなければならない」

…いやーーーーー!(>_<)

いや、たぶんね、「真面目にやんなさいよ」くらいのつもりだったのではないかと思うんです。今冷静に考えてみても、そんなに横着なことしてないし…。
でも当時(小学校中学年くらいかな)の私は、とんだ方向に間違えてますね。

いやいやいや、しなくていい苦労せんでいいよ。
楽できるとこは楽してええねんで。
遠回りしなくても、最短距離ぶっちぎっていいよ。
それは手抜きじゃないからね。

…だからか、何かわざわざ苦労性だったのは。くそう。

🌟

これに気づく少し前に、お友達のルノルマンカード3枚引きキャンペーンに参加したのです。
意訳すると、「ちゃんとやれるから、迷わず突き進め!」と言われたのですが…危ない、この思い込み持ってたら、ちゃんと舗装された道があっても、わざわざ茨の道を突き進んじゃうところでした(笑)

🌟

本当に、最近はいろんなところから気づきが降ってきます。
そしてそれをきっちりと肚に落とし込めるのは、笑み育ワークシートのおかげですね。
慣れてくればこのように、一人で「ふおおおぉ!」(笑)と気づきと癒しを得られるようになりますよ。
夏休み明けたら体験会やりますね!(7月やれなくてすいません…)


The following two tabs change content below.
國枝 弓

國枝 弓

オーナーkauholapeco
愛知県豊田市在住。夫と息子(5歳)の3人家族。 子育て中に出会って衝撃を受けたものが、そのまま仕事になってます。ハワイとフラと吉本新喜劇が大好き。豊田市の市民活動団体「ちびにょき!」の代表もやってます。