笑み育カウンセリング

笑み育カウンセリングとは?

井上ききさんが考案した、インナーチャイルドセラピーとコーチングを組み合わせたカウンセリングです。

一般的なインナーチャイルドセラピーは、対話で進めていきますが、笑み育カウンセリングは、「笑み育ワークシート」に記入をしていくことで、インナーチャイルドと対話していきます。
このワークシートのすごいところは、

「使い慣れれば、自分で自分をご機嫌にできる」

ことです。

自分で自分の気持ちを知り、ご機嫌を取れれば…。

怖いものなしですよね。


画像をクリックすると、ワークシート(PDF形式)がダウンロードできます。

インナーチャイルドとは?

人の心にある「感情」です。
感情優位で生きていた、およそ4~5歳くらいまでの人格を指します。

実は、人間の感情には、基本5種類しかありません。
このうち、快の感情が1種、不快の感情が4種。
インナーチャイルドが不快な感情を抱いていると、人は不機嫌になります。
不快の感情の方が多いので、何もしないと不快に偏りがちになります。
「快」でいるためには、何か手を打たないといけない…その一助として、笑み育カウンセリングをお使い頂ければと思います。

感情に影響を及ぼす、「思考」と「笑みママ」

私たちの心の中を、笑み育流に描くと、このようになります。

インナーチャイルドの右に、怒り顔の子がいますね。
この「思考さん」は、10~15歳の頃に、”いい子でいなくちゃ”という思い込みから、構築された存在です。
この子がインナーチャイルドを責めたり否定したりすることで、インナーチャイルドは不快になります。
が、思考さんもせいぜい15歳。社会経験もほぼない中で握った思い込みは、往々にして極端で、間違ったものも多いのです。

アダルトチルドレン、という言葉を聞いたことがありますでしょうか。
笑み育流にいうと、
「自分は無条件に愛されない」と思っている人のことです。
この状況を救うのが、「笑みママ」です。
心の中で、自分のことを無条件に愛する存在です。
アダルトチルドレンは、笑みママがいない、または非常に小さく弱いです。
(つまり、心の中に子供しかおらず、非常に揺らぎやすく不快になりやすい状態です)
笑み育カウンセリングは、この笑みママを育てて、思考さんの思い込みを解放していくことで、自分で自分をご機嫌にできるようにしていきます。

私自身は、2017年9月に、初めてこのワークシートを書いたのですが…。
ききさんがガッツリ見ていない状況で書き進めて、ある項目を埋めたときに。

「ああ、私ずっと、母にこう言ってもらいたかったんだ」
と、胸がいっぱいになって涙を流していたのです。
まさかの、セルフで号泣。
この体験があまりにも強烈で、これは伝えていきたい!と強く思った次第です。

カウンセリングは、対面でも遠隔(zoomやSkype)でも受けて頂けます。

料金について

トライアル(初回限定 90分) 5000円
1回(60分) 7000円
※終了時に、次回のお約束を頂けると1000円off
5回セット 28000円(けっこうお得)

アクセス・バーズ®との住み分け

不要な思い込みを消していく、という点では、既に提供しているアクセス・バーズ®と通ずるものがあります。
違いとしては、

アクセス・バーズ®:自身のエネルギーが不要だと思うものを消していく
過去をたどる必要はないが、体感は個人差がある(でも消えるのは確かです)
笑み育カウンセリング:起きた出来事から、思い込みを探り、解放する
過去と向き合う苦しさがあるが、わかりやすい

といった感じかなと思っております。
「いつも引っかかっている出来事がある」、「ふとしたことで過去の出来事を思い出して苦しい」という場合は、笑み育カウンセリング。
「何だかわからないけどモヤモヤする」「あまり話したくないかな…」という場合は、アクセス・バーズ®…と、選んでいただければいいかなと思っています。

The following two tabs change content below.
國枝 弓

國枝 弓

オーナーkauholapeco
愛知県豊田市在住。夫と息子(5歳)の3人家族。 子育て中に出会って衝撃を受けたものが、そのまま仕事になってます。ハワイとフラと吉本新喜劇が大好き。豊田市の市民活動団体「ちびにょき!」の代表もやってます。