子供との対話を阻害するもの、それは。

こんにちは。kauhola☆pecoくにえだです。
初めましての方 → プロフィール読んでね♥

子供とのやりとり、まだまだやらかします…私が。

すっかり秋っぽくなってきて、息子氏の通う園では、運動会の練習が連日行われています。
そんな中、「白い靴下を、紙袋に入れて持って来てね」と書かれたお便りがやってきました。
そうかー、靴下先に持って行くんだー…(この時点で、紙袋のことをほぼ失念)

そして月曜日、靴下を持って行く日。
家を出る間際になって、ふと「紙袋いるんだっけ」とつぶやいたのが、息子氏の耳に届き…。

「ママ、紙袋に入れてないと持って行っちゃいけないんじゃないの?」
「先生に怒られない??」
あああぁ、みるみるうちに涙目…。

そうでした、この子は、「人と一緒だと安心」な子でした。
持って行けばいい、なんて雑思考(←私^^;)じゃいかんのでした…。

そしてここで、時間がなかったせいもあって、ちょっとまずい対応をしてしまいます。
「いーからそのまま持ってけ!今日持って行かない方がまずい!!」
と、安心させることなく、無理やり送り出してしまったのです。

こんな日も、あります。
まだまだ、修行の身です。

帰りのバスから降りてきた息子氏は、けろーっとしていましたけど^^;
そして、「明日紙袋持って行こうねぇ」と探していると、
「先生がくれたからもういいよ~」

…おい。

寝起きは、オバQ並に毛が立ってます。余裕があれば、カワイイな。

余裕って、大事ですね。

↑私の場合、特に顕著です。
この日は朝から豊田市駅だったので、バスに乗ってくれないと…という思いが、この対応を生みました。
…冷静に考えれば、送って行っても、何とか間に合うんですけどね。
いろいろ考えることが多すぎて、本当に見つめなきゃいけないことが霞んでます。いかんいかん。

こういうときは、だいたい呼吸が浅くなっているので、ひとまず、意識して深呼吸をします。
いろいろ出し切る勢いで息を吐いて、全てを入れ替えるつもりで吸う。
これだけでも、スッキリしてきます。
…本当は、誰かにバーズやってほしい気分ですけどもね(自分でやることもできなくはないのですが、断然人にやってもらいたい・笑)

いろいろ考えすぎてザワザワしてる方、お役に立てるかも。
ひとまず、アクセス・バーズ®20分セッション、10月3日のイベント出店までです。
その後の開催はおそらく気まぐれですので、気になる方、この機会にぜひどうぞ~。


The following two tabs change content below.
國枝 弓

國枝 弓

オーナーkauholapeco
愛知県豊田市在住。夫と息子(5歳)の3人家族。 子育て中に出会って衝撃を受けたものが、そのまま仕事になってます。ハワイとフラと吉本新喜劇が大好き。豊田市の市民活動団体「ちびにょき!」の代表もやってます。