「目標」とは

達成できなくて凹むためにあるものではない。
叶えて「オレってすげーーーーーー」ってなるためのものである。
(ペ・コリン (1975~))

…偉人風味。
ちょっとやってみたかっただけですすいません。

さてここで質問です。
あなたの「目標」の定義って、どんなですか?

例えば、

みんなが「すごいね、頑張ってね」っていってくれそうなこと
ちょっと頑張らないと達成できなさそうなこと

とかかなぁ。

何にしても、「ちょっとしんどい気持ち」で、考えてませんか?
だから、学校で目標考えてねって言われると、イヤだなー面倒だなーって気持ちになる。

これ、良くなくてね。
達成できないと「頑張っても叶わない」という経験を刷り込んでしまうのです。
これが繰り返されると、頑張ることに意義を見出せなくなってしまう。
どうせうまくいかないんだ、って。
そんなの悲しい。


ということで、ちょっと見方を変えましょう。

その目標が達成されたとき、
あなたは、どうなりますか?

ガッツポーズしちゃう?
嬉しさで体中がいっぱいになる?
ほっといてもニヤニヤしちゃって気味悪がられる?(最後の余計ww)

目標設定に圧倒的に足りてないのは、「ワクワク感」なんだと思うのです。
叶ったあとの自分を想像して、ニヤニヤできる気持ち。
逆に、それが想像しにくい目標は、叶いにくいし、心の底から出てきたものではないような気がします。

みんながすごいって言ってくれるのも確かにいいけど、
まず、叶ったときに、「私すごない???」って思えるものから設定すると良いのでは。

…え、そんなんじゃぬるくて仕方がない?
そういう方はハードルガンガン上げて、達成するたびにアドレナリン出しまくればよいと思います!カッコイイ!!

大丈夫、人はなんだかんだ成長したい生き物です。
前回の記事ともつながりますが、挑んでは折れる自分にもどかしさを感じるのは、成長したいという根本からズレているから。

ならば実感させてやりましょう、「目標は叶えられる」という体験を。


The following two tabs change content below.
Avatar photo

國枝 弓

オーナーkauholapeco
愛知県豊田市在住。夫と息子(2012年生まれ)の3人家族。 子育てや人間関係のモヤモヤを晴らし、真になりたい自分への道を伴走するカウンセラー。あとアクセスバーズもできます。 料理とコスメは話し出すと長い。でもってオタク。推しは尊いんじゃ。