一時帰国で私が得たもの

こんにちは。あなたの安全、ここにあります。kauhola☆pecoのぺこりんです。

今日は、この一時帰国中に感じたことを、改めてまとめておこうと思いまして。
ほぼ備忘録です。
セルフカウンセリングの1パターン、あるいは、パートナーシップの参考事例にはなるかも。

先日の、Facebookのこの投稿の詳細版です。
(画像タップで元投稿が見られます。埋め込めないのね…)

気負う陰には、やっぱり母がいた

「いない間、私が頑張って、息子と家を守らなきゃ」

赴任時に背負ったこの思いの本音は、

「家も家族も守れない私はいる価値がない」で、
守れないとどうなるの?と、己に問うと、その答えは。

「そんなこともできないのかって責められる」と。

誰に?

旦那さん…じゃない。
お母さんにだ。
まだか。まだあったのか。
(たしかに「あんたがしっかりしなきゃね」って言われた気がする)

この気負いが、じりじりと私を蝕んでいきました。
それが限界を迎えたのが、今年のお盆のころ。
第7波とか、cocoaの通知とか、インプラントの手術とか、いろいろな要素が重なって、瞬く間に不安は増殖し、身体に変調をきたすこととなりました。つらかった。

そこのケアを始めて間もなく、旦那さんの帰国が決まりました。

「ただそこにあるだけでいい」を知る

この2週間は、本当に、本当にありがたかった。
京都に2泊した以外は、特別なことはせず、買い出しに奔走したり、ディーラーで帰任時の車の品定めしたり。ずっと家でごろごろする日もありました。なんならほっといて昼寝したw

赴任前だったら、ちょっとイラっとすることもあったのに、
もうソファにその体積が存在する安心感よ。

ああ、これだ。
この人、私よりはるかに前からごくごく自然に、「いるだけでいい」を体現してた。
私が解釈していなかっただけだ。
…師匠…!!!

気がついたとき、ほんとうに幸せな気持ちになりました。

ならば、定義を変えてしまおう

そもそも、よくよく考えたら、旦那さんには「いない間家を守って」とは、言われていないんですよ。
「元気でいてね」って言われた気がする。

もうあんな体調不良はこりごりなので、ちょっと考えた。

…元気でいればいいんだな!!!!(素直)

そこで置き換えに使ったのが、

「たとえ離れてても、いてくれるから、私は安心してこちらにいられる」

でした。
もうね、頑張らないことにしました。安心しちゃうことにしました。
安心して暮らせるだけの愛を、受け取れていなかったことに気づきました。
ずっとずっと、投げかけられていたのに。
(経済力はちゃっかり頂いていました)

私はただただ、「安心ですよ」と全身から滲み出させていればいい。

…まさに「あなたの安全、ここにあります」じゃん。

この帰国で私が得たのは、とてつもない安心感と、そう感じられる解釈でした。


2週間というわずかな間でしたが、とても穏やかで幸せな日々でした。

「嘘やんそんなうまいこといくんかいな」と、思ったそこのあなた。
それ、かつての私です。
でも、こんな時間、手に入りました。
そしてそれが、一時の魔法などではない、まごうことなく本物だと思えるのです。


The following two tabs change content below.
Avatar photo

國枝 弓

オーナーkauholapeco
愛知県豊田市在住。夫と息子(2012年生まれ)の3人家族。 子育てや人間関係のモヤモヤを晴らし、真になりたい自分への道を伴走するカウンセラー。あとアクセスバーズもできます。 料理とコスメは話し出すと長い。でもってオタク。推しは尊いんじゃ。