良くも悪くも、どんな私も私なのだ。

こんにちは。kauhola☆peco國枝です。

先日の3部作、いろいろな感想を頂いて、とてもありがたく思っております。
今朝も旦那さんが「ジャージャー麵」を「ジャージャー」と「麺」に分けてきて「具材がジャージャーなのか」と物議を醸しております。楽しいです。

画像お借りしました。
Wikipediaで調べたら正解でした。炸醤麺と書いて、「炸醤」が肉味噌だそうです。
知ってたのかな…。

すごかったなぁ…と思い返していくうち、もうひとつ、大きな気づきがありました。

どんな私も私。

ひとことでいうと、これです。

中学卒業後から、現在の職に落ち着くまで、女性が極端に少ない環境を選んで生きてきました。
女子特有の群れるのとか噂話とか本音と建前とか本当に苦手で。

そんな中にいたので、「男勝りで豪快な性格」をほぼ自動で形成しました。
今思えば、新卒1年目で先輩に「もう知らない!」とか言っちゃうとんでもない子でした。すいません。

その一方で、だめんずを渡り歩くといういやに「女」な面もあったのですけど。
そこはとても刹那的にとらえていて、普段は全く見ないようにしていました。
そんなもの持っちゃいないよと。

そしてこの「男勝りキャラ」は、結婚しても専業主婦になっても母になっても、いました。
そうでなければならないと思っていました。

前回までの3部作(笑)の③に、さらりと触れています。

「どんなことでも、どんな口調ででも言っていい」とわかると、むしろその方が自然に話せるようになりました。

今までも、「もっと優しくなりたい」だとか、「女性らしくいたい」と思い、かなわなかったことがありました。
それはきっと、「私」をないがしろにして、イメージだけを追ったからなのでしょう。

優しい誰かの真似じゃなく。
女性らしい誰かになるわけでなく。

どんな私も、私なんだと、認めること。

経緯はどうあれ、豪快キャラも私。
でも、いつもそうじゃなくていい。
優しい時も女々しい時もずるい時も冷たい時もあっていい。

ぜんぶ、私。

ようやく、それを認められました。

ダメな自分だってあるのさ

そう、「一般的に」「問題ありそうな」ときもあっていいのです。

こっからはずいぶん感覚的な話になってしまうのですが。

「こんなんじゃダメでしょ」と思う自分を認められて、「それでもいいんだ」と肚落ちすると、その「ダメ」が気にならなくなるんです。
結果、自分を監視しなくなるので、リラックスできて、「ダメ」が出てこなくなるという。

いいことしかねぇ( ´∀`)bグッ!

結局、うちの旦那すごいになってしまう

私の場合は、自分でわかる前に、旦那さんが身体を張って教えてくれました。
何てこった。
今になってものすごく「ぶったたいてごめん」な気持ちになってきた…。

…今晩ジャージャー麵の話とともにするか(笑)


The following two tabs change content below.
國枝 弓

國枝 弓

オーナーkauholapeco
愛知県豊田市在住。夫と息子(6歳)の3人家族。 子育て中に出会って衝撃を受けたものが、そのまま仕事になってます。ハワイとフラと吉本新喜劇が大好き。豊田市の市民活動団体「ちびにょき!」の代表もやってます。