「感情」について

小さいころ、悲しくて泣いていると
「いつまでもメソメソしてるんじゃないの」
と言われた。

兄弟におやつ取られてふくれていると、
「いつまでもむくれてるんじゃないの」
と言われた。

保育園でステキな絵が描けたから、見てほしくて寄っていくと、
「忙しいんだからうろちょろしないの」
と言われた。

テストで100点取って小躍りしていたら、
「そのくらい当たり前だ」
と言われた。

こうして、私たちは、感情をひとつずつ殺していった。
表に出さず、周りに合わせ、「空気を読む」術を身につけた。
自分の一部を麻痺させたままで。


いつの間にか、自分がどんな気持ちなのかもわからなくなっていた。
自分に嘘をついているかどうかも、わからなかった。
そのくらい、幼き日の戒めは強力だった。

でもね。

感情は、小さい頃の自分は、いなくなってはいない。
ずっと、心の隅で、気づいてもらえるのを待っている。
話を聞いてくれる人を待っている。
「〜すべき」「〜せねばならない」の向こうで。

大丈夫、あなたにも見つけられる。
そのために私がいる。
最初は顔も見せてくれなかったけど、今はニコニコしながら、床に寝そべって図鑑読んでるんだ。


あなたは今、何が食べたいですか。
どんな服が着たいですか。
何をしていたら幸せですか。

これらの質問に、嘘なくごまかしなく、答えられますか。


The following two tabs change content below.
Avatar photo

國枝 弓

オーナーkauholapeco
愛知県豊田市在住。夫と息子(2012年生まれ)の3人家族。 子育てや人間関係のモヤモヤを晴らし、真になりたい自分への道を伴走するカウンセラー。あとアクセスバーズもできます。 料理とコスメは話し出すと長い。でもってオタク。推しは尊いんじゃ。