新年度に思う

こんにちは。kauhola☆peco國枝です。

春休みも終わりました。
新たな環境に移り、期待と不安を感じている方も多いのではないでしょうか。
うちの息子氏も小学生になり、毎日新鮮な思いで通っていることでしょう(たぶん)。

今日は、そんな方への小話。

まだ桜が残っていました。今年は長く楽しめて嬉しい。

まずはこちらのTwitter。

これを見て、「!!!」ってなったわけですよ。

ベイビーステップの前に

ベイビーステップとは、「小さな成功体験を積み重ねていこう」というもの。
だけど、それ以前に、何をするにも恐がってしまう子、いませんか?
我が家の息子がまさにこれでして。
そんな子に必要なのは、まず、「失敗してもいいんだ」と気づくことなんです。

正直、私も「まずは成功体験」と思っていて、息子とかみ合っていませんでした。
なので、このツイートを見て、「あぁ~そっちか~!」と思ったのです。

「失敗しちゃダメ」、持ってない?

成功体験の方に気が行きがちになるのには、根底に、
「失敗してはいけない」
があるような気がします。

では、失敗すると何が起こるのでしょう。
恥ずかしい思いをする?誰が?
…親が。
怒られる?誰に?
…親に。

そう、失敗すると親に怒られるから、失敗しちゃいけないって思い込みを握るんです。子供が親に見放されたら生きていけないですから、見放されないよう怒られないよう必死なんです。

あと、「そんなことで失敗して恥ずかしい!」っていうの。
これ、親の方の気持ちです。
子供はきっと思ってない。だって失敗も初めてだもの。
でも、こう言われることで、「失敗=恥ずかしい、してはいけないこと」って思い込みを握る。

個人の体験ですが…親がこの思い込みを握っていると、いくら「失敗してもいいんだよ」と言っても、子供には届かない気がしています…。

この思い込みをほどくのにも、笑み育カウンセリングは有効です。
過去の傷が癒えてくると、どっしり構えていられるようになりますよ。


The following two tabs change content below.
國枝 弓

國枝 弓

オーナーkauholapeco
愛知県豊田市在住。夫と息子(6歳)の3人家族。 子育て中に出会って衝撃を受けたものが、そのまま仕事になってます。ハワイとフラと吉本新喜劇が大好き。豊田市の市民活動団体「ちびにょき!」の代表もやってます。
國枝 弓

最新記事 by 國枝 弓 (全て見る)