「場の空気の悪さ」に居たたまれなくなるあなたへ

こんにちは。あなたの安全、ここにあります。kauhola☆pecoのぺこりんです。


誰か(例えば親)の機嫌を取りながら生きてきた人は、「場の空気の悪さ」「近くに機嫌の悪い人がいる」ことにものすごく敏感で、かつ耐えられない。

何でか。

その空気の悪さや、機嫌の悪い人のことを、「自分が何とかしないといけない」、と思うから。

なので、傍から見ると、わざわざ首を突っ込んで、ますますしんどくなってるように見える。

でも本人は、「私がやらなきゃ」って思ってるんですよ。
「周りの人の機嫌も、私が取らなきゃいけない」
という、盛大な、呪い。

養われている頃は、機嫌を取り続けるしか生きるすべがなかった。でなければ、極端な話、死ぬと思っていたのでしょう。
その戦略だけが、養育者の手を離れてからも残り続けている。

まずは、もうその必要がないということ。
人は皆、自分で自分の機嫌を取ってればいいということ。
そこをハラに落としてもらうのが、私の仕事。

良かったら、一席いかがですか。

ご予約空き状況
【5/31更新】 こちらの画面から直接ご予約いただけます。1日1組の受付です。 笑み育カウンセリングは1日前まで、アク...

The following two tabs change content below.

國枝 弓

オーナーkauholapeco
愛知県豊田市在住。夫と息子(2012年生まれ)の3人家族。 子育てや人間関係のモヤモヤを晴らし、真になりたい自分への道を伴走するカウンセラー。あとアクセスバーズもできます。 料理とコスメは話し出すと長い。でもってオタク。推しは尊いんじゃ。

最新記事 by 國枝 弓 (全て見る)